ひとりごと

ぬーん

すってんころりん

すっとんとん。

 

どうも。ご無沙汰してます。

最近は精神的に安定した生活を送っています。

ここには強く思ったことをただ適当に羅列していたので、安定した生活を送っているとあまり感情が揺れないので書くこともなく平穏無事に生きてます。今日は久々に自我を持って行動をしました。なので、少し書こうと思います。

といっても特に悩んでるわけでもないので書くことは出てきませんね。

最近は他人の悩みを聞くことが多くて、より視野が広がってるきがします。自分の意見だけ向き合っていても視野は狭くなる一方。他者の意見を聞くことで、より視野が広がりいろんな考えが出てくる。圧倒的成長だね。感謝感謝。そんな中でいつも僕は、僕なりに考えた最適解を提示する。今の僕だったらそうするかな。というところをね。

だから悩んでる人にとって最適かはわからない。でも、こんな一例もあるんだな程度に思ってくれたら嬉しいな。

 

今日は久々に、"こうしてほしい"を人に伝えた。勇気を使ったのでしばらくは休養が必要だ。(いつも休養してるとか言わないの。)自分の意見は他人とは違う。だからあまり言うことはしないのだが、今日は違った。言うべきだと思った。僕の中の天秤がそう答えを導き出した。僕の取り柄は度胸。最適解が分かればそれを実行するだけである。そこに迷いもためらいもいらない。そこで迷うのは最適解ではないときだけ。その時はもう一度考え直す。そして出た最適解を有無を言わさずに実行する。これが僕の唯一の特技なのかなと思う。今日はそれをした。それで良かったのかは正直わからない。これが失敗だったとしたら、未来の僕よ、すまないな。けつを拭いてくれ。僕は必要なことはどんなことをしてでも実行するようにしている。若干の犠牲は惜しまない。未来で辻褄が合うように世界はできている。反省はするけど後悔はしない。そうやって生きたら少し前に進めたよ。

 

君もそうやって生きてみたら何か変わるかもしれないと僕は思うよ。

 

変わるのは難しいけど、意識するのはそれよりずっと簡単。意識してたらいつか無意識的にできるようになる。そうなる頃にはもう変わってるんだよ。無意識でできるんだもん。すごい。

少しの勇気と、犠牲を覚悟して、挑もう。

いい結果が待っていることを信じているよ。

 

またね。

 

 

愛式

その人がいないと生きる意味がない

 

そう思うのは私自身メンヘラなのだろう。依存体質で依存したひとが"私以外の人と     "、と考えただけで頭が沸騰する。もう私のそばには居ないとわかっていても、依存しているせいで求めてしまう。どうしようもないのだ。あたまではわかっていても、気持ちが追いつかない。焦るし悲しくなる。自分で突き放したくせに。甘えたこと言ってんじゃねーよ。そのとおりである。私自身が相手のそばから離れたのに、今更になって嫉妬して夜な夜な涙を流す。

同棲しているのだろうか。一緒にご飯作ってテレビ見てゲームして、たまにお出かけして、キスもしちゃったり。一緒にお風呂に入って、一つの布団で肩を寄せあって寝てるのかな。考えるだけで震えが止まらない。私以外の人がそうしてるのかもしれない。ハハ、ビルの屋上で柵に足をかけようとまで思えるね。自業自得すぎる。苦しい。どうしようもなさすぎる。救いようがない。相手の恋人をひと思いに消してしまうことも考えた。でも、それでは相手が幸せにはなれない。

私は相手が幸せになってほしいと思う。(言い聞かせてる)だから、私以外の人といて幸せなら私が消えるべきなのだ。

だがしかし。けっきょく私も人間だ。

 

なんで私じゃないの。

 

と思ってしまった。相手が幸せならそれでいい。とすら思えないぐらい好きで好きでしょうがなかった。結婚を考えた相手だもの。嫌いなわけがない。

少し過去の話をしよう。

失って気づく事は失うまでわからない。(そりゃそうでしょ)でも、それを知りたいと私は思った。それが知れたらより一層関係に気をつけれるような気がしたからだ。だから私は一時の気の迷いに悪乗りして"それ"失う行動に出た。私はその関係そのものを中途半端にしてしまった。真の意味で失っていなかった。だから私は失っても気づくことは無いじゃんと誤解した。そして私に気が戻ったときには相手は既にそこには居なかった。別の恋人と結ばれていた。私はそこでようやく真の意味で大切なものを失った。そして思い知らされた。失って気づくものは取り返しがつかなくなったときに気づくものだと。そして今に至るわけだ。

 

では私はどうすればいい?

 

建前的には相手に恋人がいる時点でどうしようもできないから諦めよう。相手がそれをしあわけだと思うなら尊重するべきだ。となる。

だかしかし、本音では上記したようになぜ私じゃない?私のほうが幸せにできる(気がする(自信過剰))のに。と思ってしまう。とまあ、冷静に見ると頭おかしいなホント。

でも、愛しているから。死ぬまで添い遂げたいから。

(答えになってない)

 

あえて言うなら今は私が中途半端にされている。(勝手にそうしているのも事実)いつか戻ってきてくれるんじゃないか。とどこか期待している。その期待こそが自分を苦しめているのは100も承知。奇跡的に相手と会話する機会があった。戻ってきてくれないか。私は待つ。と伝えた。返事は濁っていた。"待ってくれたら0%ではない"と言われた。待ちますとも。でも、100%でもないことも事実。中途半端にされている。と感じた。それは自分がやってきたことだ。然るべき罰なのだろう。受け入れ罪を償う必要がある。そう思うが私は弱い。とてつもなく弱かった。耐えられない。電車のホームに立つたびに一段下に駆け出しそうになる気持ちをぐっと抑えている。ふとバイクに乗っていても大きなトラックが突っ込んでこないかなと思っている。とても弱い。それを耐え抜いた相手を心底尊敬する。そこにはきっと相手の恋人がいたのだろう。(わからんけど)

 

私の脳のキャパは少ないから考えてもしょうがない。行動あるのみ。(アホ)どうしようもなくてもどうにかしなきゃ生活に支障が出始めている。

一人で悩んでもだめ。結局は相手の行動次第だから。布団でくよくよしてても何も変わらない。なら行動を起こしてみようじゃないか。そして砕けたら、また布団でくよくよしよう。

 

すこし夢の話になるが、脳に電源スイッチがほしい。機能的には睡眠に該当するのだろう。(記憶の整理をしてるから電源を切ってるわけではないらしい)でも、不安や悩みがあると寝れなくなるのが人間。でも、悩んでいても解決しないことのほうが世の中多いのでは?なら、意図的に電源を切ってしまえば悩むことなく寝れるのでは?と思うよね。僕はほしい。何時間後に再起動と設定して電源を切れたらどんなに良いか。悩むことが悪いとは思わない。しかし、悩んでいてもしょうがないけど悩む。そんな時間は無駄なのかもしれない。だからこそそんなスイッチがあればいいね。

 

私はきっと普通じゃない。考え方で同族を見たことがない。世界規範が普通だとしたら私は異端者だ。でも、相手はそれを受け入れてくれた。居心地が良すぎた。それに感謝することを忘れた。だから失って途方もない虚無に襲われた。どうしようもない虚無を埋めることはできなかった。私という異端者の居場所はなかった。私は世界のエラーとして世の中から弾き出された。そんな私の居場所をくれていた相手を今度こそ大切に感謝を忘れず過ごしたい。理想論でしかないが、その理想に近づくために今ある現実とのギャップを少しずつでも埋めていけたらいいな。

 

私がこの世から消えるのが先か、居場所を見つけるのが先か。

 

どっちだろうね。

(ここまで深夜4時)

 

(ここから朝7時)

また夜が明けた。

 

寝て起きない。私自身がそうなりたいと思う。死んでも後悔はない。(死んだら後悔できないやんってツッコミはなしで(死に際があったら後悔しそう))やまない雨はないし、開けない夜もない。だから解決しない悩みもない。叶わない恋もない。そう思って生きていこうかな。

明るくなるとちょっとだけポジティブになる気がする。

 

 

追伸

っていう下書きが残ってた。

既に終わった考え。今は違うかもね。

何となく供養しておきたくなったので落とす。な

おわりのはじまり

どうでもいい話をします

 

お店でよく「ありがとうございました」って言ってることが多いと思う。何も間違っていないけど、個人的には好きじゃない。確かに、サービスを買ってくれたことに対して言う場面で、買ったのは過去だから"ました"って使うのはわかる。しかし、その人がサービスを買うのはそれっきりではないと思う。(経験(言う側)上また来てほしいという思いがある。)だから僕はどんなときでも「ありがとうござい"ます"」を使う。違いなんてないようなもんだけどね。"ました"って終わりって感じがする。終わりじゃないの。また来てねって思うの。だから、ありがとうござい"ます"って言いつつ、更に追い打ちで"またお願いします"までつけちゃう。サービス精神旺盛だね。逆に言うと、嫌なお客さんとかだと意図的に"ました"って使うときもあるよねー。ネー??

 

何が正解とかじゃないからいいんだけどね。

そんな僕のちっぽけなこだわりでした。

ガソリンを吸う

虚無

 

ただひたすらに

 

虚無

 

 

授業中がやることあって悩みに悩まされなくて良い。

休日は悩みが尽きないから嫌だ。

どうしょうもなく自分が無力でしょうがない。

度胸も勇気もそれなりにあるのに、運がない。

運も実力だから、運も力かな。欲しいね。

人の運勢は波のように高いときと低いときがあるらしいね。今最高にどん底なんだろう。

 

時間が解決することかもしれない。そうだとしても今を生きるのは僕でしんどいのも事実。

心労が耐えないね〜(´。・v・。`)

 

どうしようもない事で悩むな私〜

 

呑みにいく資金もそろそろつきそうなので楽になる方法探しますかね

 

さいなら👋

地球 救っちゃいますか。

これは僕の持論であり、独り言だ。誰に向けるわけでもなく思考の整理として書き記しておく。

 

セフレの友人関係に嫉妬するのは独占欲。

セフレはただの友達なんだから恋人ができたらそれまでだし、穴兄弟だとしても兄も弟もない。その上で"年上だから〜とか君は若いから〜"と、いちゃもんをつけてくるのは違うくないか?"年上だから自分が正しい。お前が間違ってるから黙ってろ。"というのは思考の変化をやめた老害でしかない。とおもう。

 

そんな"自己中心的"な思考の人に出会いました。まる。

そもそも無関係なのに飛び火は勘弁してくれ〜

 

別件で、文句があるなら本人が直接連絡を取ってこい。とも思ったね。裏でいうぐらいなら本人に直接行ってこいよ。ナメクジか?

あ、リアルは怖いの電話かメールでお願いシャス。

 

もう人間関係維持するのめんどくせ。

 

信じれるのはぁぃぁぃだけだな(宗教)

ぁぃぁぃみたいに色彩豊かで芯が強い人になりたぃ。

 

意を決した次の日のやっちまった感は否めないし、後悔することもあるよねー。自分の行動の結果今があるのは事実だし、いいことも悪いことも過去があって現在未来があるので後悔はしない(ようにしてる)けども、どうしても心が負けてしまうときもあって後悔してしまう。愚かだなぁ。後悔しても何も始まらないし、過去を変えることはできないから前向きに考えたいねー。

 

あー、こんな居心地の悪い穴から抜け出して、居心地の良い場所を見つけたい。

 

世間体だと?ふざけんな。そんなこと気にしてたら生きていけねぇよ。(気にしてる)やりたいことはするし、したいと思ったときがしたいときなんだから、とりあえずやってみるよ。

だめならそのときに考えよう。(後悔するやつ)くぅー。世界が俺に挑戦してきてるぜ。

 

皆はいいよなーTwitterで草wwwとか呟いといていつも通りの一日を過ごすんだから。 …まったく、滅亡を阻止する俺の身にもなれっつーの…。 ま、これ以上の情報漏洩は避けたいし仕方ねーか…(大剣を月夜に煌めかせ) さーてと、

 

地球 救っちゃいますか。(闇夜に消える)

雨時々晴れ

思い立ったら即行動

行動理念にしてる。物事にはテンポとタイミングがあってそれにうまく乗れたときは成功するまたは失敗はしない。そんな気がする。だからこうしたいって思うことがあったらそれはそういうタイミングであると思うのでとりあえずできることをする。そうすれば運気も来るんじゃないかなと。思いたい!

今日は少し勇気を使ったから明日は英気を養おう。さいきんばいくのってないなぁ。土日は少しお出かけしようかな。

 

自分の行動に自身が持てない。誰かに認められたいと思うが褒められても僕なんてって思ってしまう。褒めていただいた人に失礼になるから最近は嬉しい〜って返してるけど、まだにわかに信じられない。でも、少し、褒められることに慣れてきたのかもしれない。今日は素直に嬉しかった✧٩(ˊωˋ*)و✧

 

兎にも角にも、僕の気持ちに僕自身が自信を持たないと始まらない気がするので、明日も元気に寝ます(笑)

 

少し歩き疲れちゃったな(終電逃すやつが悪い)

 

おやすみ世界

冷めたコーヒーで好みを知る

自分の寝床より他人の寝床のほうがよく寝る。"他人"という存在が"寝床"という一番内々な場所を貸してくれるほどの友情関係ということが嬉しい。一種の愛を感じる。だからその安心感で熟睡できる。言葉にするのはムズかシイけど、多分そんな感じ。だから本当に困ったときや、しんどいときに僕は友人に連絡取りまくる傾向にある。

 

でも逆に、僕が気を許せるというのもまた条件なのよね。誰でもいいわけじゃないの。両思いじゃないとね。(どゆことやねん)

 

まあ、そんなわけで、僕はそんな感じの関係づくりに勤しんでたんけだが、やはり異常なのだろうか。(前のブログに書いた)世間的にはそういうことはしないらしい。困った。一般常識から逸脱するのは宜しくないのだろう。次なる策を考えねば。

 

今日は軽めに

 

お腹空いたけど寝よう。

 

 

ポッ